RSS | ATOM | SEARCH
三根信宏&サウンドウェポン 2008年Last Live


昨日、銀座タクトで三根さんの2008年ラストライブが行われました。

ぜひ一度見に行きたいと思っていた所、ベースの伊藤さんが仕事でリハーサルに間に合わないので、ちょっと弾いてくれないかとドラムのどんぐりさんから前日に連絡が有り喜び勇んで行ったのは良いが、新橋駅からタクトに向かう道のりで妙な緊張感が襲って来る。

タクトに着くと、どんぐりさんはじめ三根さんにお兄さんの敬男さんそして多分20年ぶりぐらいに会う弟のマサトシさんや初対面のKeyのヒロ君と会い拶を交わす。

搬入、セッティングを手伝っていると何と伊藤さんが間に合ってしまい、お役ご免に、何かうれしいやら悲しいやら・・・

せっかくなので気持ちを切り替えLIVEを楽しむ事に三根さんのLIVEを見るのも何年ぶりだろう?スタートは「さくら」からやっぱり三根さんと言えばこれである!

リハーサルでは少々バラバラな感じがあったが、そこは皆さんプロ中のプロ。本番ではビシっと決め手くれる。

やっぱり三根さんの音は良いですね!世界中でこういう音を出せる人は三根さんだけです。伊藤さんのプレイも完成されていて殆んどのフレーズが聞き覚えがあって、さすが多くの歌謡曲のレコーディングに参加している超一流スタジオミュ-ジシャンですね。ヒロ君のプレイも若いのに良く研究していてたいした物である。

ドラムのどんぐりさんはなぜか今回はエレドラ。メンバーからは、かなりヒンシュクを買っていたが、客席から聞けばそれ程違和感は無く、しかし「見上げてごらん〜」でのハプニングは今思い出しても大笑いできる!!

最後はリクエストに答えてあの「春の海」と内容もり沢山のライヴでした。

いや〜本当に感激しました。
author:右山裕介, category:仕事, 00:55
-, -, pookmark