RSS | ATOM | SEARCH
Brothers johnson
ブラム!
ブラム!
ブラザーズ・ジョンソン

ベースを始めたのは20歳の時、それまでギターを弾いていて、バンドのベースが辞めてしまいTWOギターだったので、もう一人のギターに「お前やってみない?」「じゃぁちょっとやってみようかな?」 見たいな感じで、ジャコやスタクラをみて内心「ベースってカッコいいよな」と思っていたがギターへの未練もあり新しいベースが入る迄の一時的なものと考えていたが・・・

予想外というかベースというポジションがギターより居心地が良かった事と周りから「おまえベースの方が良いよ」という(ギターはだめなのか?)と言う複雑な評価を経ていよいよベース転向を決断するのだが・・・

ただそれまで"ベース"と言うものをそれ程意識して聞いた事がなく、目標とするアイドルがいない!ジャコやスタクラにしても、まだそれ程ジャズにのめり込んでなく実際うま過ぎて目標にならないし、なんかやる気が出るような(笑)目標がないかと思っていた所、"ジョージ・デューク"のライブを見て、おーっっ!!

これぞ"サンダー・ベース"(笑)度派手なアクション!!腕を振り回すチョッパー、ベースソロで弦を切るは(今、見るとちょっとはずかしい)という訳でベースに転向後の最初のアイドルはルイス・ジョンソンだったのです。なのでこのブラムは良く聞いてコピーしたアルバムです。もちろん"腕の振り方"も
author:右山裕介, category:BASSIST, 11:59
-, -, pookmark