RSS | ATOM | SEARCH
スケッチ・オブ・スペイン
スケッチ・オブ・スペイン
スケッチ・オブ・スペイン

マイルス・デイビスとギル・エバンスの共演3作目のアルバム。

きっかけは友人から"ホアキン・ロドリーゴ"のギターとオーケストラの為の「アランフェス協奏曲」を聞かされ気に入ったマイルスが、再び共演する事になったギルにこの曲のレコーディングを持ちかけた事である。

これを聞いたギルも気に入った為、今回の共演はスペイン音楽に挑戦する事となる。ヒット作を作り続けるマイルスを信頼するコロンビアもこの新たな企画に乗り気であったが、

アメリカ人の黒人ジャズミュージシャンがスペイン音楽に挑む訳で、特に「アランフェス協奏曲」は二人が作り上げた作品の中で最もジャズとかけ離れた作品であり、さすがのマイルスとギルでも容易な仕事では無かったようである。

特にギルのホーンアレンジは、弦楽器の様なアレンジとなり、まっすぐなロングトーンを必要とし、マイルスを始め参加した管楽器プレーヤーにとっては、息の長さを必要とし大きな負担となった。

またこのレコーディングの為ギルは、スペインの民族音楽を研究し、ペルーインディアンの即効演奏から"The pan piper"スペインのマーチのサエタから"Saeta"フラメンコの基本形式から"Solea"を作曲し、このアルバム以降もしばらくスペイン音楽に傾倒する。

やっぱり「アランフェス協奏曲」に尽きますね。
チック・コリアのスペインの前奏のアランフェスはきっとここから来てるんでしょうね。
author:右山裕介, category:Miles Davis, 20:30
-, -, pookmark